Author Archive

0

金買取業者には、残念ながら悪徳な営業をしているところもあります。

そんな悪徳業者に当たってしまっては、大切な資産が台無しに。

ここでは、よくあるトラブルと対処法についてお伝えします。

一番多い金買取トラブルは、安く買い叩かれることです。

※記事ピックアップ→訪問購入「押し買い」の悪徳ぶり、高級品買い取り強引手口(1/3ページ) – 産経ニュース

金の価格は日々変動していて公表されていますが、それはあくまで流通価格であり、店舗や訪問時の買取価格とイコールではありません。

買取店は、当然ながら利益を得るために、実際の流通価格よりかは安く買い取ります。

ここまでは至って普通のことです。

しかし、中にはかなり安く買い叩こうとしてくる業者もあります。

とくに金買取が初めての方は要注意。

迂闊に「初めてなので…」「金買取の知識がなくて…」などと言ってはいけません。

知識と経験がないことを露呈してしまうと、そこに付け込まれてしまいます。

実際はもっと高値で売ることができたと後悔する人は少なくありません。

こんな買い叩きトラブルを避けるためには、ある程度金買取に関する知識を付けておくことです。

とは言っても、専門家レベルに把握しておく必要はありません。

金の価格の決まり方や現在の流通価格、買取の流れなど、基本的なことでOKです。

「この人は全然知らないな」と思わせないレベルで良いです。

また、査定を受けても買取を断ることができるということを知っておきましょう。

査定を受けたら売らなければいけない、売らずに帰ることはできなかった、という人は実際けっこういます。

それは単なる思い込みで、実際は全然そんなことはありません。

金買取は、査定額に納得できなければしなくて良いのです。

ただ、提示された査定額を見て、納得できるか否かは自信がないと思うかもしれません。

やはり価格か妥当かどうかを判断する知識は必要になります。

可能であれば、複数の店舗で査定を受けて価格感を把握しておくのもおすすめです。

0

買取店では、金以外にも、プラチナや宝石、時計やバッグなども対応可能なところが多いです。

ただし、基本的には「お金に換わるものであること」が条件。

宝石であればダイヤモンドやルビーなどの価値が高いもの、時計やバッグなどであれば高級ブランド品であるもの、である必要があります。

そうでなくても査定をしてもらえるケースもありますが、期待する金額にはならないでしょう。

ただし、査定には費用は一切かからないため、もし持参できるものがあるのであれば、一緒に持って行ってみるのはおすすめ(訪問査定の場合はついでに見てもらうのも簡単ですね。

)金については、延べ棒だけでなく、イエローゴールドやピンクゴールドなどの指輪やネックレスも対象となります。

思っていたより高値が付いた!とばなれば嬉しいですよね。

でも気を付けたいのが、買取手続きをするためには必要書類があるということです。

必要な書類は、現住所記載の身分証明書です。

具体的には、運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・健康保険証などになります。

既に運転免許証を返還された方は、運転経歴証明書でもOKです。

取引時に身分証明書を確認することは、古物商である買取店側の義務として法律で定められているため、身分証明書がない場合は現金化することはできません。

忘れず準備しましょう。

なお、基本的に印鑑は必要ありませんが、念のため持っておくと安心です。

事前に買取店に必要なものを聞いておくと良いでしょう。

0

金の買取と言えば店頭に持参して査定を受ける店頭買取が主流ですが、最近では訪問買取を利用する人も増えています。

訪問買取とは、査定員が自宅まで来て、自宅で金の査定をする方法です。

ここでは、訪問査定のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

訪問買取のメリットは、やはり自宅にいながらにして査定を受けることができるという点です。

高価でデリケートな金をわざわざ持ち出す必要がないため安心です。

持参する時間やお金もかからないため、近くに店舗がない人にとってはかなり有効な手段になります。

また、人目を気にすることがないため、金の価値や買取について質問・相談もしやすく、価格交渉もしやすいです。

敢えて買取店に持参するほどではないけど、売ったらいくらになるのか知りたい品がある場合は、ついでに見てもらうこともできます。

自宅に眠る品がまさかの高値査定だった!なんてこともあるみたいですよ。

一方デメリットは、その場で現金化できないことです。

ほとんどの場合、査定員は現金を持って訪問することはありません。

とくに金の場合、査定額が非常に高価になることもあり、大金を持って動くのはかなり危険だからです。

通常、後日振込となるため急ぎの人にはおすすめできません。

また、訪問査定では、売る気のないものまで査定勧誘されたり、買取を依頼しないと粘られたりというケースもなくはありません。

査定員とのやり取りは玄関でする、応接室に通す場合は高価なインテリアや絵画などは置かない、など事前に少し対策をしておく必要がありそうです。

≪ご参考≫https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202102/0014097789.shtml

0

金の買取を考えだしたら、どこで買取依頼をするかを検討しましょう。

もっともスタンダードな方法で言えば店頭買取です。

店頭買取とは、買取店に金を直接持参する方法です。

流れとしては来店→査定→査定額提示→現金化の4ステップが主流で、非常に手軽で簡単です。

ここでは店頭買取のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットとしては、スピーディに現金化できるという点です。

その場で査定してその場で支払いというシンプルさなので、早ければ30分程度で済みます。

すぐに現金が必要だという場合は、実は金買取がもっともおすすめ。

金融機関での借入れは、借主の個人的信用調査が必要になるため、なかなか即日融資は難しいものです。

しかし金買取は、持参した金がいくらになるかだけの問題なので、即日現金化が可能になるのです。

他は、査定を受けたものの買取を拒否しやすいという点もメリット。

嫌なら店を出れば良いだけだから気楽なものです。

一方デメリットは、持参する不安が懸念される点です。

金は高価でデリケートなものです。

やはりパッと持ってカバンにポイっと入れるというわけにはいきません。

持ち歩く際も「もし落としたら…」「もし盗られたら…」という不安が付きまといます。

他には、買取店に入る姿を知っている人に見られてしまう可能性があるのも、気になる人にとっては大きなデメリットとなるでしょう。

また、近くに買取店がない場合は、店舗まで出向く時間とお金もかかるのもネックです。